小沢元代表無罪判決に検察が起訴

小沢元民主党代表の無罪判決に検察が起訴。

検察官役の指定弁護士団は、東京地裁の無罪判決に一審判決には見逃せない事実誤認がある。覆す自信がある。」と。

地裁の公判では

①起訴議決の有効性

②虚偽記載の有無

③共謀の有無

が争点となりましたが、

東京高裁は起訴議決の有効性と虚偽記載の有無については認めた形にしたものの、最大の焦点であった共謀の有無については「秘書が作成した記載内容を違法だと認識していなかった可能性がある。」とスローダウン。

控訴審の決め所は、小沢氏を有罪に追い込むこの最大のヤマを覆すため、いかに検察が理論武装しにかかってくるか・・・でしょう。

検索審議会の民意を受けた起訴という大義名分はあるものの、一審で無罪判決を受けた被告、それも天下国家を左右する国会議員を再度被告の立場に置き続けることになりますから、指定弁護士には説得力のある立証が求められるでしょう。

捜査報告書の虚偽記載、ネット流出事件、秘書が自白を撤回した尋問方法へ懸念・・・・公権力の乱用という、検察不安を更に煽る第4、第5の世論が出てこないように・・・・

小沢一郎さんに無罪判決

小沢一郎元民主党代表が資金管理団体「陸山会」の土地購入問題で検察から強制起訴されていましたが、東京地裁は4月26日に小沢さんに無罪判決を言い渡しました。

この事案については、

①元秘書による収支報告書の虚偽記載についての小沢一郎さんの違法性認識の有無

②同じ事案で2件目となった、検察審議会の議決を受けたうえでの今回の起訴が、「事実に反する捜査報告書が検察審議会に提出されていた」にもかかわらず、小沢一郎さんを有罪に追い込めるのか否か。

に国民の関心が寄せられていたと思います。

東京地裁は小沢一郎さんに無罪を言い渡しましたが、

「秘書が4億円もの簿外処理を単独無断で行うはずがない」

銀行融資の金銭貸借書類に小沢さんが署名していた状況証拠から「検察側の共謀成立という訴えには相応の根拠がある」

「報告書は一度も見ていない。仮にその通りだとしても、秘書に任せきりにすること自体が自らの会計責任者としての立場をわきまえておらず、法の精神に照らし合わせて好ましいものではない」

と小沢さん糾弾する場面も。

また、検察については、

「検察の捜査には違法性はない。共謀成立の主張にもそれ相応の根拠が認められる」

としましたが、

虚偽の捜査報告書の問題については、

「担当していた検察官は検察側の見立てに添う供述を得ることに必死であった。これは検察官としてあるまじき行為。」

と検察に対して猛省を促しました。

なので、無罪判決でありますが、実際のところは双方「痛み分け」といったところだと思います。

検察側の控訴期限は来る5月10日。

強制起訴制度の見直し議論も予想される中、検察はどのような対応にでるのでしょう?