東電事故調査委が梅江田元経済産業相を聴取

東電事故調査委で聴聞を受けた梅江田元経済産業相。

「事故当時の東電が原発内の従業員を全面的に撤退させる意向であると解釈した。」

と証言。

梅江田元経産相は東電に対し強い不信感を抱いていたことを公の場であらためて強調しました。

ベントの遅れを

この機に及んで東電が事故を過少に見せようとしているのでは・・・

海水注入の遅れも

廃炉にすることをためらっているのではないか・・・・

と感じたとも梅江田さんは陳述。

近く枝野元官房長官や管元首相も事故調査委に招致される予定とのことです。