東日本大震災関連死の9割が66歳以上

東日本大震災関連死の9割が66歳以上のお年寄りであったことが、5月日に発表された復興庁による統計で明らかになりました。

3月末のその死者の数は1460人。

都道府県別にみると福島が最も多く、東京電力第一原発の事故で長い期間避難生活を強いられていることも影響しているのではないかと。

国は関連死の原因究明のため検討会を開きましたが、出席者の中からは「被災者のケアにボランティアの力を借りる方策も検討するべきだ」との意見もでたようです。

お亡くなりになられた方の中には、今後の生活の先行き不透明感から自殺に追い込まれた方もおいでになられたとか。

将来の生活が描けないようでは生きる望みも湧いてこない・・・・当事者の方には本当に切実な問題だと思いますね。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>