サイバー犯罪 PC遠隔操作

最近世間をお騒がせの一連のサイバー犯罪「PC遠隔操作」。

警察は声明の送信者が「犯人でなければ知りえない事実を把握している」として、一連の犯罪予告の真犯人との見方を強めているそうです。

インターネットの掲示板の書き込みなど、それがどこから書き込まれたかばかりじゃなくて、いやしくも犯罪事件なのですから、書き込み元の調査もちゃんとしないと・・・

それとも調べてみたけどそんな形跡はなかったということなのでしょうか。

調べもせずに犯人と決めつけてかかったのなら警察の怠慢でしょうし、調べてもわからなかったのであれば日本の警察たいしたことない・・・ということになるのでしょう。

でも、この事件で嫌疑をかけられたり、実際に処分を受けた人たちにとっては憤懣やるかたない忌まわしい事件だったはず。

どんな取り調べが行われたのか、警察が濡れ衣掛けられた人たちをハナから犯人と決めつけていなかったか、今後の捜査の展開を注視したいと思います。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>