竹島問題 首相親書返却を拒否

竹島問題で日本政府が首相親書返却を拒否。

野田政権は「竹島問題は国際司法裁判所で決めてもらいましょう」と韓国側に首相親書を提出。

しかし、これに対し韓国側は「日本はこの問題を国際紛争にしようと画策している。我々は日本の意図に利用されたくない」などとして受け取りを拒絶し、在日韓国大使館を使って首相親書を返還のため外務省を訪れました。

しかしながら外務省はお使いの三時間の構内立ち入りを拒否したんですって。

韓国側は「そんなら書留で送りつけるまで」と話しているようですが、どっちも受け取りを拒否した場合はこの首相親書郵便局のものになるんですって。

郵便局さん、それ一体どうすりゃいいんでしょうね。

でも、李明博さん、「天皇がこっち来て謝罪すればいいじゃないか」風な発言はきっと韓国でもあなたの人格問われます。

残念ですね。

 

 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>