和歌山県串本町のサンゴの湯が4月営業再開

白アリにかじられちゃって休業していた和歌山県串本町のサンゴの湯。

 

5月のゴールデンウイークの書入れ時にターゲットを絞り、

4月中には営業を再開する予定とか。

 

震災前からお休みしていたのですが、津波の影響を考慮して

建物は6メートルほど高いところに移設。

 

入浴料は一般が400円(かなり良心的なのでは?)、

70歳以上のお年寄りは200円で利用できるようになるそうです。

玉川温泉の雪崩事故から1か月半

玉川温泉の雪崩事故からおよそ1か月半。

3人の尊い命が失われたこの事故により玉川地区全体の宿泊客数はおよそ4割減少したといいます。

死亡者が出たわけなので冬期間閉鎖やむなしという声が主流のようですが、仙北市は観光を目玉にしている町なのですんなり「そうですか」と飲めない事情もよくわかります。

しかしながら、「そろそろ結論を出さねばならぬ時期。

秋田県は最終的にどのような決断を下すのでしょうか。

しばらく動静を注意して見守っていきたいと思います。